株式会社クリアスタイル2017年6月30日コラム

2017年6月30日

小食こそが健康の一番のクスリ!

食べないことの効用とは、
小食により、免疫力(病気を免れるための力を免疫力といい、血液中に存在する白血球がその中心的な働きをしている)がアップする。
小食により、肥満防止になる。身体が締まる。
小食により、成人病防止となる。内臓疲労が軽減する。
小食により、大・小便の排泄がよくなる。
小食により、体のだるさがとれる。
小食により、頭脳が明晰になる。記憶力、判断力がアップする。
小食により、ストレスに強くなる。
小食により、運命が開ける。(生き方が前向きになる)
小食により、健康を維持し長生きする。(肌が若返る)
小食により、体内に取り入れる有害物質の量が減らせる。
一日、三食分の食べ物を消化吸収するために必要なエネルギーは、なんとフルフルマラソン(42.195km)を一回走る位に相当する。小食により消化のためのエネルギーを浪費しない分、身体中のエネルギーを頭脳に集中することが可能となる。忙しい時ほど食事量は減らした方が良い。
人間の体内と血液内を自由に動き回れる細胞は、「がん細胞」と「白血球」だけである。
ガン発生=食べ過ぎ  つまりカロリーや食事を少なくすると発ガンの確率が減る。
ガン細胞を発生させないためには、血液をサラサラにすることこそ最善の方法である。






ダイレクトメール ビジネス書簡・資料類 カレンダー 各種刊行物・会報等 贈答品・記念品 DM発送代行 ダイレクトメール発送代行 印刷 DM発送代行 ダイレクトメール発送代行 印刷 DM発送代行 ダイレクトメール発送代行 印刷 DM発送代行 ダイレクトメール発送代行 印刷 DM発送代行 ダイレクトメール発送代行 印刷